『ダイソン vs レプロナイザー』ドライヤーの違いを比較【価格・効果・使いやすさ】

2019-07-25

高性能ドライヤーのなかでもリュミエリーナとダイソンの製品は、優れた効果に定評があります。

そこで今回は、リュミエリーナレプロナイザー4D Plus』とダイソンドライヤースーパーソニック』を比較!

購入を悩んでいる方は、価格や効果を参考にしてくださいね。

レプロナイザー 4D PLUS

『ダイソン vs レプロナイザー』の違いを比較

多くのメーカーから高性能ドライヤーが販売されるようになりましたが、なかでも人気なのが「リュミエリーナ」と「ダイソン」の製品!

その確かな効果が認められ、サロンにも導入されていますよね。

いつかは人気ドライヤーを自宅に置きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、リュミエリーナレプロナイザー4D Plus』とダイソンドライヤースーパーソニック』を比較!

どちらの製品を買おうか悩んでいる方は、価格・使いやすさ・効果を参考にしてくださいね。

『ダイソン vs レプロナイザー』の価格を比較

リュミエリーナ

レプロナイザー4D Plus

ダイソン

スーパーソニック

価格(税込) ¥56,160円 ¥48,600円
付属品 なし ・スムージングノズル

・スタイリングコンセントレーター

・ダイソン ディフューザー

・滑り止めマット

・収納ストラップ

美容アイテムを購入する際に気になるのが価格。

「できれば安く購入したい」「効果に見合った価格かどうか知りたい」という方が多いのではないでしょうか。

レプロナイザー体験者

まず、リュミエリーナレプロナイザー4D Plus』は¥56,160円(税込)で、付属品はありません。

ブラック×ゴールドのカラーは高級感に溢れています。

レプロナイザー 4D plus

対してダイソンドライヤースーパーソニック』は¥48,600円(税込)と約¥8,000円安く、5つの付属品付き。

そのうち3つがノズルで、スタイリングやドライなどの用途に分けて使うことができます。

ダイソンドライヤー

価格を比較

価格を比較すると、ダイソンのほうが購入しやすいことがわかりました。

ダイソン公式

ダイソン ドライヤー
『ダイソンドライヤー』の風量・効果を体験した口コミ【乾くまで2分30秒】

続きを見る

『ダイソン vs レプロナイザー』の使いやすさを比較

次は使いやすさと効果から、価格を重視するか・効果を重視するか考えていきましょう!

リュミエリーナ

レプロナイザー4D Plus

ダイソン

スーパーソニック

質量 約750g 本体約697g
本体寸法 253.5mm×247 mm×72.1mm 245mm×78mm×97mm

リュミエリーナとダイソン、ドライヤーの使いやすさを見るために比較するのが、質量と大きさ!

レプロナイザー体験者

リュミエリーナレプロナイザー4D Plus』は従来のドライヤーと同じく、鼻がついた形状です。

一方ダイソンドライヤースーパーソニック』は鼻がなく、中央が空洞になっている珍しいタイプ。

そのため質量も大きさも、リュミエリーナがダイソンを上回ります。

とはいえダイソンは本体のみの質量なので、付属のノズルを付ければ重さはほとんど変わらないでしょう。

重さを比較

扱いやすいのは650gまでと言われているので、性能がぎゅっと詰まった2つのドライヤーは、どちらも少し重たいのが特徴です。

『ダイソン vs レプロナイザー』の効果を比較

リュミエリーナ

レプロナイザー4D Plus

ダイソン

スーパーソニック

風量 3段階(最大約16 m/s) 3段階(最大2.4 m³/分)
温度 温風・冷風

(最高温度約98度)

速乾・標準・低温・冷風

(最高温度約100度)

搭載技術 バイオプログラミング マイナスイオン

エアマルチプライアーテクノロジー

リュミエリーナとダイソンの価格・使いやすさを比較しましたが、購入の決め手となるのはやっぱり効果!

風量・温度・搭載技術から、製品それぞれの優れている点を解説していきましょう。

レプロナイザー体験者

まず、リュミエリーナレプロナイザー4D Plus』は、前シリーズ「レプロナイザー3D Plus」よりも風量がパワーアップし、最高温度98度にまで下がりました。

ダメージには100度以下が良いとされているので、髪の傷みも安心ですね。

さらにリュミエリーナ独自の「バイオプログラミング技術」が搭載されており、風をあてるほど髪がツヤツヤに・健康になる効果も。

そしてダイソンドライヤースーパーソニック』の1番のウリは、これまでにない「風量」。

他の製品でまだ実現できていない風量で、髪を一瞬で乾かしてくれます

加えてマイナスイオンも搭載されているので、髪に水分を閉じ込め、乾燥を防いでくれるのです。

効果を比較

どちらにもユニークな技術が組み込まれていますが、髪本来の美しさを取り戻したいなら「リュミエリーナ」、速乾によって髪のダメージを抑えたいなら「ダイソン」でしょう。

ダイソンドライヤー効果
レプロナイザー 4D plus
レプロナイザー 4D plus
【リュミエリーナ美容師解説】レプロナイザー【バイオプログラミング体験第2弾】

続きを見る

まとめ

リュミエリーナとダイソンのドライヤーを比較した結果、それぞれの製品は以下のような方におすすめだということがわかりました。

リュミエリーナ

髪の美しさを極めたい人には「リュミエリーナ

ダイソン

速乾性と幅広い使い方を求める人には「ダイソン

求める効果や予算から、自分に合うドライヤーを選んでくださいね。

-ダイソン, ヘアドライヤー, リュミエリーナ -

Copyright© おうちサロン , 2019 All Rights Reserved.

リュミエリーナ 記事一覧